弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは, i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

タグ:非弁

「そんなに非弁が問題であるというのであれば、弁護士もおなじことをすればいいのではないか?」
という議論があります。概ねもっともな議論であり、賛同したい意見ではあります。

しかしながら、この議論、重要な観点が抜けています。
私たち弁護士は、広告の仕方から事件の受任、処理について、法曹倫理(弁護士倫理)に基づくことが要求されます。

しかし、非弁業者にはそれがありません。私たち弁護士が非弁業者と同じことをすることはできないか、不適切になる場合も数多くあります。

弁護士であれば、絶対に勝てます、とか、思い通りになるとか、安易に請け負うことはできません。
弁護士は、裁判で代理をし、事件に最後まで向き合う仕事です。最後までみているからこそ、目論見通りに事件を解決することの困難さを理解しています。

ところが非弁業者は、裁判外の、ごく一部の代理とか代行だけしかしません。最後まで事件に向き合いません。もっといえば、最後まで責任を取ることも、その覚悟もありません

ですから、非弁業者の無責任で甘い言葉に騙されてしまう、だからこそ、被害がなくならないのではないか、と思っています。

よく、交渉すると非弁になるから、交渉しない。
やっていることは、意思を代わりに伝える、 代行するだけだから非弁ではない、というような言説を見かけます。

もし、代行、代わって意思を伝えるだけであれば、例えば、「代わりに借金を返して欲しいと伝える。借金の請求を代行します。」という事業も非弁ではない、ということになります。

そうなると、高額な資本金を積んだり、いろいろと人的整備をして債権回収業の許可を得る必要もなくなる、サービサー法自体が空文化しますよね・・・。

立法とも矛盾して破綻している論法だと思うのですが、いかがでしょうか。 

法律デマについては、しばしばネットで発信してきましたが、一定の傾向があるようです。

それは「悪い奴を懲らしめる」という場面で、単純明快で、形式的な行為をすれば、それで解決する、というものが、かなりウケがいいようです。

もちろん、これさえすれば、形式的な対処で万病が治る治療法がないことと同じく、法律問題についても全く同じことがいえます。

他者からの権利侵害など、法律問題でお悩みの方は、ぜひ、ネットの法律デマではなく、実際に弁護士に相談することをお勧めします。 


ということで、解説予定です。
弁護士法との抵触問題についても、裁判例なども踏まえて、詳細に検討します。 

第二東京弁護士会の機関紙「二弁フロンティア」で、非弁フロンティアという記事を書いたことがありました。

実は、元はTwitterの法クラで話題になった言葉で、数年越しで実現できたのです。
(・∀・)

実際にあるあるの手口なので、ご注意を。
なお、弁護士の視点からの解説ですが、そのうち、利用者の視点からの解説もしたいという気持ちはあります。 

↑このページのトップヘ