弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは, i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

タグ:非弁

よく、これは無料相談だから、弁護士法違反つまり非弁ではない、という主張があります。

たしかに、弁護士法72条は、その要件として報酬目的であることを要求しています。

しかし、この報酬目的というのは、法律事件に関する法律事務の提供、あるいはその周旋において、報酬目的があることを要し、かつ、それがあれば足りる、というものです。 

そして、この報酬は、法律事務の提供を受ける者からもらうということも要求されていません。

つまり、第三者から報酬を受けて、それで無料相談会を開催する、という場合でも成立するということになります。
典型的には、寄付を受けて法律相談をするとか、国費の補助を受けて相談会を非弁護士が実施する、あるいは、弁護士を紹介する、ことが想定されます。

また、これに協力をする弁護士についても非弁提携ということになります。

最近、この辺りの誤解が多いようですので、注意が必要かと思います。 

弁護士向けの弁護士法,非弁規制のセミナーでしゃべってきました!
近く,公になりますので,そうしましたら,お知らせします。
(・∀・)


ということで,今後,機会があったら書いてみようかな,と。
ただし,クラウドファンディングと弁護士法令との関係は,皆さん報酬分配にばかり目が行きがちですが,問題の一つに過ぎません。非弁提携一般の問題もあるし,それ以外の問題もあります。

個別のサービス設計の問題もありますので,一概に,いいとか,わるいとかいうのも無責任な話です。
ということで,まずは,問題点の洗い出しからはじめようかなと。

(・∀・)なんと、私の名前も出ています!
(^ω^)受験生だったのかお?
(;・∀・)ちがうってば、ちょっと協力したんですよ。
(^ω^)素晴らしい活動の手伝いができることは、とても嬉しいことだお。

外部から弁護士法に詳しい深澤諭史弁護士のアドバイスを得て、実行に踏み切った。
医学部入試差別でクラウドファンディング(弁護士ドットコムニュース)

よく、一般に言われることに、弁護士に依頼すると紛争になる、弁護士に依頼するということは、宣戦布告のようなものである、というものがあります。

また、こういう弁護士に依頼=戦争開始、みたいな考え方を逆手にとって、宣伝をしている非弁業者も散見されるところです。曰く「弁護士に依頼すると、もうあとは、どちらかが倒れるまでの戦いになりますよ。相手方が親族であれば、絶縁ですよ?いいんですか?それよりも〇〇専門コンサルタントの私に相談を!」という具合です。

ですが、これは誤りです。刑事事件で弁護人を頼んだら反省していないと思われるよ、とか、顧問弁護士をつけるということは、法的問題を起こしやすそうな会社なんだ、とか、そういうレベルの話だと思います。

弁護士は、全ての案件において依頼者にとって最適な選択をしようと努力しますし、それが求められています。
そして、ほとんどのケースにおいて、やたら攻撃的、高圧的な態度をとる、つまり紛争を誘発ないし拡大させるような言動は、相手方との交渉の余地を狭めるばかりか、裁判においては、依頼者の信用性を低下させかねません。ですから、弁護士としては、いたずらに紛争を発生、拡大するような振る舞いは回避します

非弁との関係で、このような誤解があるようですので、少し解説しました。
非弁問題もあるので、このシリーズでもう少し投稿するかもしれません。

↑このページのトップヘ