弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは, i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

タグ:相場

非常によく聞かれるので、すこし語ります。
ただ、申し訳ないのですが、ここでは具体的な数字を出しません。というのも、相場はここ数年で結構動いた感がある、そしてここ1、2年で概ね傾向が出てきた、という感があるからです。
また、ひとことに相場といっても、他の事件分野以上に、和解と判決の相場に差がある、それだけではなくて、その差がどうなるか、別の因子というか要素が重要になるということもあります。

そういうことで、なかなかここでは申し上げられないですし、おそらくは、この種案件を扱う他の弁護士もそうだと思います。

もっとも、投稿内容と、周辺事情を説明すれば、相場というか予測をある程度立てることも可能です。ですから、ネットで相場を検索するよりは(そもそも、法律事件における「相場」は、それを人に聞かないとわからない人が数字だけ知っても、使うことはできません。)、早めに法律相談をして見通しを立てることが重要でしょう。

法律問題について「この場合の慰謝料は?」というのは定番の質問です。

法律相談でも,度々見通しを聞かれるのですが,多くの場合,そんなに安いのか,というような反応がかえってきます。

これにはやむを得ない理由もありまして,おおざっぱにいうと,慰謝料というのは,苦痛を金銭に換算するものです。人間にとって最大の苦痛としては,典型的には「自分の死」が考えられます。その,死亡の場合の慰謝料が2000万円からというのが,一種の基準,相場となっています。

死亡ですら2000万円であるのだから…,ということで,慰謝料は,さほど高額にならないケースがしばしばある,ということになります。

なお,それでも慰謝料が高額になるケースがあります。典型的には,刑事事件における示談金の場合です。
この場合,被疑者としては,示談が出来ないと刑罰を受ける,前科が付いてしまう,場合によっては刑務所行き,という立場にあります。その不利益を避けるために,裁判で認められる相場をはるかに上回る示談金(慰謝料)で合意されることもあります。

逆にいえば,こういうケースの場合,刑事処分がされると,そういうインセンティブがなくなるので,高額な慰謝料で合意が出来る可能性は,極端に低くなるということがいえます。

このように,慰謝料や示談の関係は,難しい,微妙な問題がありますので,できる限り,特に相手に弁護士が付いているときは,合意前に弁護士に相談をしたほうがいいでしょう。

弁護士として相談を受けていると,時々「(慰謝料などの賠償金の)相場を教えて」という質問をされることがあります。

まとめ

相場を自分で調べることの出来ないケースでは,相場だけを聞いても解決をすることは難しいことが多い。

1.相場を聞きたい理由

私は,分野・ケースによっては,無料電話法律相談をやることもあるのですが,この場合には,特にそういう相談(というか質問)が多い様に感じます。

質問の趣旨,目的としては,相場を聞いておいて,それで弁護士に依頼するかどうかを検討したり,それを自分で当てはめて交渉なり,訴訟をするというものだと思われます。

2.相場は便利だけど危険

もっとも,こういうケースは危険なことも少なくありません

相場というのは,それを知っているだけでは不十分です。はたして,その相場に合致するケースなのか,それが証明可能なのか,裁判外であれば,それを相手方に説得力を持って示せるか,そういういろいろな問題があります

慰謝料など賠償を求める事案では,相場というのは非常に便利ですし,必須の存在もあります。
でも,相場を人に聞かないと分からない,というケースは,多くの場合は,その相場へのあてはめについても知識が無い,それをすることも難しいケースでしょう。ですから,相場だけ聞いて解決しようとすることは,ハイリスクな行為であるといえるでしょう。

相場は,一見して,事件の見通しが立ったように思えてしまう,間違いに気が付かない,という点で,これは私たち弁護士にとっても注意すべき点なのですが,便利だけど危険だと思います。

↑このページのトップヘ