弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは,氏名住所を明記の上 i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします(恐縮ですが返事はお約束できません。)。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

カテゴリ: 非弁

非弁や非弁提携がホットな話題になりつつあります。
まあ、きっかけがきっかけですので、喜ぶわけには行きません。

ただ、過去は変えられないわけですから、ここは、いかにして、注意喚起をする、非弁と非弁提携を撲滅する、ということを考えていきたいと思います。

(・∀・)相談や取材がかなり増えましたが、他の業務に影響を与えないようにしないと・・・。 
(^ω^)横に伸びない期限は縦に伸ばす!
(;・∀・)お前はどこのブラック会社社長だ。。。 


非弁提携業者って,たいてい,弁護士からお金抜いているのですよね・・・。

正直,懲戒本体より,これのが「損失」として,重たいです・・・。 

私は,所属する単位会である第二東京弁護士会の非弁護士取締委員会と,日本弁護士連合会の非弁問題対策本部と,それぞれの委員に就任しています。

最近,非弁問題が注目をされている,また,新しいビジネスをするにあたって,弁護士法との抵触が意識されるに従い,非常に議題が増えています。

議論も白熱することが多く,思いっきり体力を消耗することもおおいのですが,これからも,頑張ろうと思います。
(・∀・) 

行政書士「9倍の報酬」認めず…大阪地裁

ということで,こういう判決がありました。

なお,業務範囲として行える行為と,そうでない行為を抱き合わせて,弁護士法72条本文の業務は無料で,ということも通用しません(過去に裁判例あり)。

このあたりは,拙著「非弁対策Q&A」でも解説しています。 

東京には、三つの弁護士会が存在しています。
同じ管轄地域に重なるように3つの弁護士会が存在するということは、他の地域ではない、特別なことです。
ところで、そうなると、非弁問題については、三弁護士会で連携、情報共有が必要になります。

その情報共有のために設けられたのが、この委員会です。

本日会議がありましたが、いつにも増して議題が多く、結構大変でした・・・。

(・∀・)非弁と非弁提携がなくなるまで、頑張ります。 

↑このページのトップヘ