弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは,氏名住所を明記の上 i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

カテゴリ: IT


けしからん!という感情は、非常に刺激的なものです。
とくに、何かの事件で、自分も被害者になりかねないようなケースですと、なおのことです。
こういうケースですと、怒りだけではなくて、恐怖も感情に加算されて、なおのこと行動が先鋭化、それだけではなくて、よく確認もせずに感情的に、間違った行動をとることが多くなります。

今回の件は、人違い ということでしたが、問題は、人違いに限られません。
こういう奴が許せない、ということで、しばしばリンチのようなことが行われてしまいます。

私は、投稿者の側を弁護することも多いのですが、最近の傾向として、義憤を強く感じて暴走するケースが非常に増えています。

漫画や映画のように、天に代って悪を討つと、盛り上がってしまうと、判断力が失われます。

「けしからん」 の酔いを覚ました後に待っているのは、現実です。

厳しい責任を問われる現実からは逃げられません。
そうならないように、仮になってしまっても、落ち着いて、適切に行動をするべきでしょう。 

最近,インターネットの表現に関するトラブルについては,投稿された側もした側でもかなり相談を受けることが非常に多くあります。特に,発信者情報開示請求に係る意見照会書が届いた時点で相談されるケースが多いです。

無料電話法律相談も実施しているのですが,相談でも頻出の誤解ポイントがあるので,以下に列挙しておくことにします。

以下は,完全なデマもあれば,ミスリーディングである,誤解であるなどの事情もあります。
特に,ネットに関する法律は,トラブルの当事者が半ば願望を交えて議論(?)をしています。そういう中で,都合の良いデマと誤解が発生しやすいという環境にあるといえます。

ご自身の問題は,ネットの情報だけではなくて,弁護士に相談をしましょう。一定の場合は法テラスで無料相談を受けられますし,私も,無料電話法律相談を実施しています(予約制で,事情や先約により承れないこともあります。)。

なお,投稿者側の誤解が多いのが特徴です。ただ,された側にも誤解があります。
過度に不安になるのも大いに問題なのですが,誤解をしたままなのは余計問題と(この種の事件に限らないのですが)いえます
それと,この種の事件に限らないのですが,特にネットの事件については,質問サイトで質問するのはかなりハイリスクです。関係者が見ているかもしれません。

特に,発信者情報開示請求について,裁判外の請求なら絶対に開示されないという誤解については,そういう誤解があるままだと開示請求をする側は非常に助かるのですが,される側にとっては命取りになりかねません

◯投稿した側
  1. 真実だから大丈夫だ。
  2. ニックネームへの中傷だから大丈夫だ。
  3. 相手にだって悪いところがあるから大丈夫だ。
  4. 自分以外にも同じような投稿をしている者がいるから大丈夫だ。少なくとも本当のことだ。
  5. 開示請求には膨大な費用がかかるから,弁護士費用倒れを恐れて,ほとんどの会社・個人は発信者情報開示請求をしないはずだ。
  6. 弁護士費用は各自負担,請求できても被害額の1割なので,ネットの投稿の賠償金は大した額にはならないから安心だ。
  7. 自分は転載をしただけ,あるいは既に公開されている情報を掲載しただけなので大丈夫なはずだ。
  8. 訴訟にならないとプロバイダは絶対に開示しないので,そうなるまでは安心だ。
  9. とにかく訴訟になるまでは放置しておいてよい。
  10. こちらは,お金がないので賠償額は低額になるはずだ。
  11. ログの保存期間は3ヶ月だから,もう自分は大丈夫だ。1年経ったから大丈夫だ。
  12. 意見照会がこちらに来ない以上,開示されることはないはずだ。
  13. 裁判記録を閲覧して今後に備えよう。大丈夫,閲覧にリスクはないはずだ。
  14. 相手は「公人」だから大丈夫だとネットに書いてあった。
  15. ネットで,自分の投稿に問題はないという判例を教えてもらったから大丈夫だ。判決年月日や掲載誌はしらないけれど。
  16. ファイル共有ソフトの件で開示請求が来た。自分は身に覚えがない,知らないのだから,そう書いておけばよいはずだ。大丈夫,きっとプロバイダも裁判所も分かってくれるさ。
  17. 家族の投稿だから大丈夫だ。あるいは,そういうことにしておけばいい
  18. 発信者情報開示請求で非開示になったと連絡があったのでもう大丈夫

◯投稿された側
  1. 賠償額の相場は,1投稿でも100万円とか数十万円だから,弁護士費用は回収できる。
  2. 開示請求の費用は相手に請求できると聞いたので安心している。
  3. 開示請求が認められた以上は勝ったも同然だ。だから,交渉でもこっちの言い分が通るはずだ。
  4. いうことを聞かないのであれば刑事告訴すればいい。警察は喜んで動いてくれるはずだ。
  5. 発信者情報開示で得られた情報だから,こいつが投稿者で間違いない。
  6. 事件のことをネットでいろいろ書こう。大丈夫,悪いのは相手だ。
  7. ネットに強い弁護士に依頼したから大丈夫だ。凄い強気の書面を叩き付けていうことをきかせてやるから安心だ。
  8. 相手は匿名で活動している。こっちのいうとおりにしないとばらしてやるといおう。大丈夫,裁判は公開だから,自分が公開しても問題ないはずだ。
  9. 一週間以内に百万円単位で払えと請求すれば,びびって払うだろう
※ お問い合せ(取材を含む。)等については, i@atlaw.jp までメールをお願いします。
※ やや重複しますが,発信者情報開示請求への対応という記事も書いています(初出が7年前ですので,かなり雑多ですが,最新情報は加えてあります。)。

(;・∀・)しばらく更新サボりですいません。
(^ω^)休みボケ?

(・∀・)ということで、企業の法務部向け法律雑誌「ビジネス法務」の7月号にて、企業向けネットトラブル対応の留意点を解説させていただきました。
(^ω^)この分野、気をつけないと、不慣れな弁護士が対応すると、法的な勝敗以前に、依頼者と弁護士が共演ならぬ「共炎」することもあるんだお。

(・∀・)そうならないように、リスクを抑えつつ対応するコツ、判断のポイントを解説しました。
(^ω^)自社内で対応する他、弁護士依頼時の留意点も意識してもらえる内容にしましたお。

(・∀・)また、最近の興味深い裁判例もいくつか紹介しています。
(^ω^)たとえば、回線契約者と投稿者が違う場合の処理など、だお。以前、自らネットに強いと標榜する弁護士が、この点を一切考慮せずに処理して、依頼者に損害が生じているのではないか、というケースもあると聞いたので、弁護士こそ要チェックだお。

(・∀・)つビジネス法務7月号

少し話題を呼んだので、紹介します。
インターネットの投稿などで、発信者情報開示請求つまり、投稿者の個人情報の開示が認められるには、権利侵害の明白性というものが要件になっています。

これについて、例えば名誉毀損であれば、名誉権侵害は明らか、という程度の証明が必要です。

どういう書き込みが名誉毀損になるかについては、様々な裁判例がありますが、統一された基準はありませんし、その性質上、作るのも困難でしょう。
たとえば「基地外」との投稿について権利侵害の明白性を否定した事例もあれば、接客態度が悪いという趣旨の投稿で認められた事例もあります。

なにが名誉権を侵害、つまり社会的評価を低下させるかは、非常に多くの、様々な事情を総合考慮する必要があり、判断は困難です。

一方で、なりすまし、そして著作権侵害は、名誉毀損より、権利侵害の明白性つまり開示が認められやすくなります

なぜなら、なりすましというのは、名乗ったという事実と、その名乗りが本人ではないという事実があれば、著作権侵害は、著作権者であることつまり作者であることの証明があり、掲載されているものが、その著作物であるとの事実があれば、それは基本的に十分です。

ある画像データが、著作権者の権利のある画像データと同じであるかについても、通常は一目瞭然でしょう。

そういうわけで、名誉権侵害に比較して、著作権侵害やなりすましは、発信者情報開示請求が認められやすい傾向にあります。

この問題については、近く、企業法務系の法律雑誌で解説予定です(・∀・)
予告が出たら、また、おしらせします!(^ω^)

↑このページのトップヘ