弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは, i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

カテゴリ: IT

最近,かなりよく電話で相談されるので,解説します。

結論から言うと,内容それだけでは,決まりません
。決まらないので,分かりません。

ネットの投稿トラブルについては,そのほとんどの投稿は匿名で行われますので,発信者情報開示請求という,投稿者の情報を開示してもらう手続きが必要になります。

この場合の相手方は,(いきなり投稿者は分からないので)投稿者の契約しているプロバイダに行うことになります(非常に細かいことをいうと,すこし不正確な表現ですが,ほぼ概ねそうだ,ということです。)。

この場合,投稿者には,プロバイダが判断・訴訟で反論するために,発信者情報開示請求に係る意見照会書というものが送られてくるので,適宜反論する必要があります

裁判所は,開示の可否を,反論も考慮して決めることになります。ですから,投稿内容そのものだけではなくて,その投稿内容に関する情報,手持ち資料,そして,その投稿内容の評価に対する反論次第で,開示の可否が決まるということになります。

たとえば,実際に裁判例として存在するものとしては,「弁護士に対して,犯罪者とか児童ポルノ等連呼する投稿」「老人ホームについて特定疾病の知識がないと揶揄する投稿」「『最低』呼ばわりする投稿」「『基地外』とか『バカ』とかの投稿」「ブラックな労働環境であるとする投稿」というものについて,いずれも,権利侵害がないとして発信者情報開示請求を棄却(非開示)した例があります。

では,これらの単語は,いずれも,「裁判所のお墨付きで大丈夫な単語」になったといえるでしょうか?
いいえ,そうではありません

発信者情報開示請求の可否は,投稿の内容だけではなく,以下の要素も大きな影響を与えます。

①請求者の属性
②投稿場所
③請求者と投稿者双方の事情
④請求者の主張立証
⑤投稿者の反論
⑥裁判所の個性
(これは私見ですが,東京と大阪では,結構違いがあると思っています。)

ですから,上記の投稿をしても安全ということではないので,くれぐれも注意をして下さい。

逆に,単に態度が悪い,気持ち悪い,といった程度で開示が認められた事例もあります

また,裁判例(実際の判決文)をみると,弁護士を付けないために④が不足したり,あるいは,せっかく発信者情報開示請求に係る意見照会書を受け取って反論の機会があるにも拘わらず,自分に不利な事実を主張してしまう(オウンゴール)ケースも散見されますネットトラブルは,自分でやった場合の予後が非常に悪い事件類型です。)。

相談だけなら無料ないし廉価に,最近は私もそうですが電話相談を実施している弁護士もありますので,何かやる前に,相談をした方がいいでしょう。

海賊版サイト「漫画村」運営者を特定 法的措置へ
https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/manga-mura

著作権を無視した漫画の海賊版サイト「漫画村」の運営者を、日本の弁護士が特定したことがBuzzFeed Newsの取材でわかった。
米国での訴訟手続きを通じて、漫画村にCDN(コンテンツ配信ネットワーク)サービスを提供していたクラウドフレア社から運営者に関する情報を得たという。今後は日本国内で刑事告訴、民事訴訟を行う構えだ。

これは大ニュースですね。
今後,運営者に対して民事訴訟・刑事告訴をする,という書き方に鑑みると,内容証明郵便から…,というのではなくて,運営者のもとには,いきなり訴状あるいは捜査機関がやってくる,ということになる公算が高いでしょう

運営者は,親族名義の利用(ただし不動産賃貸のみと思われる。)もしていたということで,親族を巻き込まれないように,というのもポイントかも知れません。

今後は,運営者としては,法的責任を追及する場に立たされるわけですが,同ウェブサイトの被害と被害者は膨大なものになることが想定され,厳しい立場にはなりそうです。

一方で,ここからは日本の損害賠償法の適用があるわけで,色々と防御の余地はありそうです。もっとも,運営者としてはすぐに準備を始めないと間に合わないでしょう。

それにしても,米国の手続は便利ですね。日本でも導入して欲しいのですが・・。それが難しければ,弁護士会照会をもっと強力にするべきか・・。

ついにSurfaceの新シリーズが登場しました。
https://www.microsoft.com/ja-jp/surface

USB-Cが採用されなかったのは残念ですが,クアッドコアのUシリーズのCPUを搭載するなど,性能が大幅に強化されている模様です。

また,ブラックのカラーが追加されたことも,見逃せません。

なお,以下は全くの私見です。
Surface新シリーズがUSB-Cを採用しない理由ですが,現状,USB-Cの周辺機器が少ないということが理由であると思います。
また,USB-Cを採用するのであれば,Thunderbolt3も採用するということになると思います。逆にいえば,Thunderbolt3を採用しないのであれば,USB-Cを採用するメリットは少ないということになります。

全くの想像ですが,どうやら,SurfaceBook2の構造に鑑みるに,SurfaceConnectがThunderbolt3類似の機能を果たしている可能性があります。

そういう事情から,USB-C,そしてThunderbolt3の採用を差し控えた可能性もあるのではないかと思います。

そのうち,SurfaceConnectを利用したeGPUが登場するのではないか,と,思っています。

スマートフォンは,登場以来,高機能,高性能化を進め,小型携帯PC,最早,体や生活の一部になっている方もいると思います。かくいう私も,いろいろと活用しております。

そういうわけで,私がこれまで利用してきたスマートフォンのレビューをしたいと思います。
といっても,私はプロのレビュアーではないので,あんまり参考にならないかもしれません。
(^ω^;)

1代目 TOSHIBA IS04
初のスマートフォンです。2011年頃です。
4インチと大きめの画面に惹かれて購入しました。
防水やワンセグなど,国産フューチャーフォンの機能を全て揃えているのが特徴です。

2代目 HTC J butterfly
2012年頃だったと思います。
5インチ,フルHDのディスプレイを搭載したスマートフォンです。
さらに,前面を覆うガラスが非常に美しいです。
カメラの高性能とも相まって,撮影した写真が非常に美しく表示された記憶です。
性能も比較的高く,スムーズにウェブの閲覧もできました。
また,海外製ですが,日本向けということで,防水等の機能も備えていました。
欠点としては,やむを得ないのですが,前面を覆うガラスが縁まで届いているので,落として割りやすい,傷つきやすい,という点です。
一度割ってしまいましたし,ケースで保護をしていても,端のガラスには,傷が付いてしまいました。
また,しばらくすると,SIMの接触不良と思しき現象もありました。これは個体差かもしれませんが。
もっとも,そういう点を除いても,デザイン,画質の素晴らしさ,名機といえると思います。

3代目 Sony Xperia Z3
2014年頃だったかと思います。
先代がかなり良い出来だったので,あまり記憶に残っていないのですが,5.2インチの大画面で,なんでもそつなくこなせるということで,良かったと思います。
あと,何度か落としてしまったのですが,割れなかったので,かなり頑丈だったと思います。

4代目 ZTE Axon7
2016年に購入したかと思います。
FeliCaや防水機能などがないのは痛いのですが,高性能であり,かつ有機ELの美しさには目を見張るものがありました。
また,標準で,イヤホンの他,シンプルなTPUケース,さらに高速充電対応の充電アダプタなど,付属品が充実しているのが好印象でした。
5.5インチとこれまでになく大型でしたが,特に持ちにくいとは感じませんでした。

5代目 Apple iPhone X
2017年の購入です。初のiOS端末です。
防水,FeliCaといった機能を備えており,活用しました。
やや高額(保険込みで他のスマフォ2台分)ではありましたが,非常に使いやすく,動作も非常にキビキビしており,使っていてまったくストレスを感じさせません。
また,画面の高画質,カメラの高性能さ,インターフェースの統一感,豊富なソフトウェアと,全てが高いレベルでまとまっており,万人に勧められる端末でした。

6台目 Apple iPhoneXS Max
2018年の購入です。iPhoneXが素晴らしい出来だったので,発売日に入手しました。
メールやSNSにより活用したかった,サブディスプレイ的にも使いたかったので,大型のMaxにしました。
懸念していた持ちにくさはほとんど感じていません。もともと,横幅のある端末を使ったこともあったので,手のひらの位置を変えて操作することになれていたので,親指が届かなくて困る,ということもありません。
これまた万人に勧められる傑作機だと思います。

まとめ
スマートフォンは,カタログスペックだけではない,使い心地,デザインなども重要ポイントですので,レビューしていて面白いし,あるいはレビューを読む価値がある製品カテゴリだと思います。
(・∀・)

BuzzFeed様より取材を受けましたので、解説しました(・∀・)

玉城デニー氏を批判する「沖縄知事選サイト」が複数出現 管理者は同一人物?

 

↑このページのトップヘ