弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは,氏名住所を明記の上 i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします(恐縮ですが返事はお約束できません。)。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

カテゴリ: IT

控訴すれば大丈夫とか,あと,現在検討されている,発信者情報開示請求の新制度(簡略化)がされた場合,過去の投稿にも適用があるだろうか,という問題です。
沢山質問が来たので,回答しました。
ネット投稿者の責任についてのまとめQ&A(+ネット上の誤解)


(・∀・)これは,大きいですね。
なお,過去の投稿についても遡及するかどうかですが,最終的には法律で決まることですが,法学の基本というか,過去の先例からも,どちらかは明らかでしょうね(ということで,後日,解説します。)。


よくあることです。
たくさん投稿があるので、さぞかし沢山の人が・・・、と思うかもしれませんが、そういう人は一部だったりします。
そういうことで、誹謗中傷の投稿は、一番何度も繰り返し閲覧しているのは、発信者と被害者だったりするということも、珍しくありません。珍しくないどころか、それが一番多いパターンとではないか、とすら感じます。

このあたり、被害者の事件を受任するときは、ちゃんと説明をしておかないといけません。
自分を集団で攻撃する組織があるに違いない。だから、それをちゃんと見つけて欲しい。見つけた発信者は、その組織の一員だから、ちゃんと組織について教えさせて欲しい。それができない!?ちゃんと仕事してくれ!
ということになりかねないからです。

この辺りは、たまに、発信者を弁護していると、多分、そういう関係で揉めてるんだよなぁ、被害者とその代理人は・・・、って、感じることがあります。
ネット上の表現トラブルは、結構な高葛藤案件ですので、弁護士とのトラブルも少なくないのです。 


ということで、 甚しくは、慰謝料20万円に対して弁護士費用90万円を認めるケースなどありますので、事実上、ネット中傷被害に対しては、懲罰的損害賠償みたいな結果になっています。
もちろん、最近は、逆の傾向もあるし、裁判例見る限り、被告本人訴訟でないと難しそうですが・・。 
なお、連続投稿なので、クリックして全てのツイートをご覧ください。 


沢山反応があったツイートです。
実は,「荒らし」行為については,発信者情報開示請求の対象になるか,争いがあったのですが,これを認めるのが近時の裁判例です。

また,「荒らし」については,事実上,あるいは法律上,その相手方の見つけ易さとしては,普通の誹謗中傷よりもはるかにやりやすい,というものがあります。

ということで,そういうことはしない方がいいですし,仮に,被害に遭った場合は,法的措置は積極的に検討してみても良いでしょう。

(・∀・)当該ツイートに追加で書いていますが,弁護士向け,企業向けに,それぞれ,書籍でも解説しています。 

↑このページのトップヘ