弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは,氏名住所を明記の上 i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

カテゴリ: 法曹養成

司法試験の合格者数って、一体何人くらいが適正なのでしょうか。。。
ちょっと今日、その話題が出まして。。。
あまり多いと質の低下の問題もありますし、かと言って少ないと、過疎地対策とか、あとは新規開拓とかの問題、雇用弁護士の不足、志願者に不測の不利益を課すことになります。。。
(・∀・)これは、難しい問題ですね
(^ω^)あなたは何人が適切だと思うお?



(;;・∀・)いや,ほんと,受験生のこともちゃんと考えてあげてほしいです・・。


1500人を維持しつつ もギリギリ,また,合格率は遂に30%を上回りました。
合格した皆様,おめでとうございます!!

なお,司法修習の申し込みまでほとんど時間がありませんので,お急ぎ下さい(・∀・)

なぜ、大学で法曹養成を担当する(していた)人に限って、新人法曹に冷酷なのでしょうか。
(・∀・)その謎を解き明かすべく、我々はアマゾンの奥地へ向かいました。

すでにいくつか報道されていますが、そういう改革が検討されているようです。

現行制度ですが、3月に法科大学院を修了して、5月に受験して9月に合格発表、11月末から司法修習ということで、概ね8ヶ月程度の待機期間があります。

これは、経済的にも負担が大きいので、それで改善しよう、というものです。

しかし、平成の司法改革、法科大学院制度の理念からすれば、プロセス教育が何よりも大事なはずです。

そうであれば、プロセスを中断して司法試験の受験を認めることは、その理念に真っ向から矛盾すると言わざるを得ません。

司法試験受験前の教育、すなわち法曹養成の初期段階におけり教育能力や人気の点で、司法試験予備校(受験指導校)に勝ち目がないから、受験資格を独占して受験資格商法、関所商法をやりたかっただけ、という、「疑い」を持たれかねない改革だと思います。

もっとも、受験生の負担軽減や合理性の観点からすれば、法科大学院修了前に受験を認める制度は、基本的には歓迎するべきかもしれません。いっそのこと、修了前なんてケチくさいこといわずに、法科大学院に入学する前に司法試験受験を認めれば、受験生はもっと喜ぶと思いますが、いかがでしょうか?
 

↑このページのトップヘ