弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは, i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

カテゴリ: つぶやき

こんなツイートが、少し反響がありましたので、紹介します。

個人賠償責任保険というのは、損害保険の一種です。補償内容としては、自分の不注意などで、他人に損害を与えてしまった場合、その賠償や、そのために必要な弁護士費用が、保険から出されるというものです
対象になる行為は、日常生活の行為であって、例えば、お店で品物を落として壊してしまったとか、そういうものが典型です。なお、保証の範囲はまちまちですので、約款などで必ずよく確認してください。

日常生活でちょっとしたことで高額な賠償責任が認められてしまう、ということは、決してないことではありません。
お守りとして、ぜひ、加入を検討した方が良いかと思います。

また、お金の問題以上に、トラブルが発生した場合にスムーズに解決をするという意味でも大事です。
保険がかかっているということで、自分が払えない金額の賠償であっても、保険から出されれば賠償することが可能です。これは、自分だけではなくて、相手方も守るということになります。

また、通常、弁護士費用も保険から出るということになっていますので、そういう賠償責任が生じるようなトラブルが生じた場合、すぐに弁護士に依頼をするということも可能になります。
個人間の紛争について、代理人を立てずに、自分で交渉すると言うのは非常に大変なことです。弁護士であっても自分で自分の事件をやることは避けるものです(!)

特にこちら側に責任があるというケース(そう主張されているケース)では、なかなか、相手方の請求が不当なものであっても、これに反論する事は、精神的に難しいかもしれません。
そういう時に、スムーズに費用の心配なしに弁護士に任せることができるというのは、非常に安心なことです

特に、他人に被害を与えかねない小さなお子さんがいる家庭や、ショッピングや旅行などで、慣れないところへの活動範囲が広がったシニア世代の両親がいる場合などは、絶対に加入したほうがいいと思います。

なお、他の保険の付帯になっているとか、いろいろありますので、確認してみても良いでしょう。

第二東京弁護士会には、非弁護士取締委員会というものがあります。
この委員会については、こちらをご覧ください。要するに無資格弁護士業と、弁護士がこれに協力する行為を取り締まる委員会です。
弁護士会の「Gメン」って表現がかっこいいですね(・∀・)ジガジサン!
なお、取締りの対象に、弁護士も含まれるのが特徴です。

ここの副委員長を今年度から拝命しましたので、謹んで報告します。
(*・∀・)がんばります。


今回も楽しかったです(・∀・)
たくさんお便り頂戴しましたお!(^ω^)

この仕事をやっていると、本当に、この社会には「公正世界仮説」が蔓延していることを痛感します。
(・∀・;;)



かなり勘違いされていますが、交渉というのは、ひたすら強気であればいいとか、相手方の落ち度を非難するとかすればいいというものではありません。

相手方が、「ははぁーーー!参りました!!」っていうわけでもなく(そう思ったところで、態度に出すわけありません。)、お互いに落とし所を探る共同作業です。

残念ながら、一部の弁護士にもわかっていないケースがありますが、弁護士をつけずに、それも弁護士相手に交渉するときは、気をつけましょう(そもそもおすすめしませんが)。

↑このページのトップヘ