弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは, i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

カテゴリ: つぶやき

(;・∀・)大勢の前で話すのは楽しいですが,やっぱりつかれますね。

(・∀・)Twitterでこんなツイートをしたら,結構沢山の方に読んで頂けました。
(^ω^)こういうツイートは,結構注目を浴びるお。

(・∀・)なお,既に指摘を頂いているとおり,この基準にあたれば嘘,あたらなければ,本当,ということではありません。あくまで,考慮要素の視点です。
(^ω^)供述の信用性に限らず,事実認定は,いろいろな要素を総合考慮しつつ,その事案の特殊性,つまり,「一見して不合理に見えても実は合理的・真実」というケースを見落とさないことが大事だお。
(・∀・)せっかくなので,事例を挙げながら説明することにします。
(^ω^)質問者は「(・∀・)」で,回答者は「(^ω^)」ですお。ラブホテルに同僚の女性Aと宿泊し,自分の配偶者Bから不貞を追及されているという設定ですお。
(・∀・)わかりやすさ重視で,ちょっと単純にまとめています(^ω^)
===
①質問と答えが一致しない
(・∀・)最初にお伺いしますが,この日,Aさんとラブホテルに宿泊したのは本当なのですか?
(;^ω^)あのあたりはラブホテルしかないんだお。

②端的に答えずに,前提とか動機とか,聞かれもしない理由付けを延々と話す。
(・∀・)Aさんとラブホテルに宿泊したことは,真実なのですか。
(;^ω^)私はいつも,大事な予定の日には,近所で宿泊するのだお・・。翌日の早朝から大事な会議があったんだお・・。

③他ならぬ「自分の行動と記憶」を質問されているのに,なぜか「普通の人」の話をする。
(・∀・)あえてAさんと一緒にラブホテルという場所を選択した理由は何ですか。
(;^ω^)ラブホテルは,値段が安い(こともあるし),普通にビジネスホテル代わりに使う人もいるんだお。友達のCさんもDさんもそうだお。

④自分の記憶だけで答えればいいのに,なぜか証拠の有無や内容を熱く語る。
(・∀・)それで,Aさんと一緒にラブホテルに宿泊したのは,事実なんですね。
(;^ω^)レシートは見て欲しいお。Aさんと一緒に宿泊したなんて書いてないし,そんな証拠はないんだお。

⑤質問とは反対側,つまり「あっち側」の話をしたがる。つまり,自分の行動の内容や理由を聞かれても,相手方の性格とか評判を語りたがる。
(・∀・)あなたがAさんと宿泊したことで,Bさんは,あなたが浮気をしたのではないか,と疑っていますが,そういう事実は無かったということですね。
(;^ω^)いや,あいつは,本当に嫉妬深いのだお。同僚の女性と一緒に仕事した話でも,怒り出すのだお!

⑥証明の可否でなくて,自分が信じてもらえるかどうかに強い関心を抱く。
(・∀・)Aさんと不貞の事実は無かったのですね。
(#^ω^)私が嘘をついているのかというのかお!

昨日、所属している会派(日比谷倶楽部)の昼食打ち合わせに参加してきました。
なかなか美味しかったのですが、お昼からこれですと、太っちゃいそうですね。
(・∀・)
659CBD89-B105-49FB-883F-91DA5B54872F
C38D9F45-87D4-4F5E-9FB5-1C453D817CC4
5B0F076A-56EE-4A2C-BD5A-E46901E8FA27

これはダメでしょう。

相続・成年後見については、行政書士が適法に取り扱える範囲はほとんどないです(特に後者)。
なお、無料相談会でも、弁護士法72条違反になり得ます。
仮にならないとしても、行政が主催すると、適法に取り扱えるかのような誤解を招きますので、結局不適切です。

こういうこともあるので、複数の弁護士に相談してみましょう。
ただ、最近は、広告で目立つ複数に相談したら、いずれも、不当に高額な提示をされるリスクがあるということもありえるので、悩ましいです・・・。

↑このページのトップヘ