弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは,氏名住所を明記の上 i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

カテゴリ: 弁護士

研修「不動産登記の基礎(判決や和解による登記等)」に参加してきました。
講師は,司法書士の坂本龍治先生です。 

東京三弁護士会と東京司法書士会の協議会というものがあります(ちなみに私もメンバーです。)。
そこの企画で、お互いに講師を派遣して、研修を実施するというものがあります。今回の企画は、その一環で行われました。

内容は、登記制度の基礎であるとか歴史のほかに、判決や和解で登記ができないこともある、そうならないための正しい請求の趣旨や和解条項の書き方、などでした。
また、地面師の問題であるとか、怪しい登記の見破り方であるとか、証明書の問題についても解説されました。
特に印鑑登録証明書は、発行された場所によって信用性が違う、などなど意外な話も聞くことができました。
研修後は、坂本先生を囲んで、懇親会を行いました(写真はそのときのものです。)。
坂本先生は、あの伊藤塾の司法書士講座の講師でもいらっしゃるそうです。
(・∀・)伊藤塾にはお世話になりました(^ω^)
 FullSizeRenderFullSizeRender
8ED15F57-75ED-4CB5-BDC5-6D9FE70D85C3
FullSizeRender
FullSizeRender

無料電話法律相談というのをやっていると,相手方は弁護士代理で交渉しているが,こちらは今のところ弁護士はつけず,自分でやっている,という方からの相談を受けることがあります。

それ自体リスキーで,あまりおすすめはしません。ですが,今回はそのことではなくて,その相手方についている代理人弁護士の話です。

弁護士としては,別に交渉相手に弁護士がついていないからといって,それに配慮したり手加減をする必要はありません。仮にそれをやったら,依頼者への裏切りともいえるでしょう。

しかしながら,それだけにとどまらず,交渉相手に弁護士がついていないからといって,不知に乗じるような請求をし,やたら恫喝的だったり,もっというと違法な言動をする例をみることがあります。

振り込め詐欺の「弁護士役」じゃあるまいし,そういう言動は,プロとしてどうかと思います・・・。
(・∀・;) 

最近,タイトルみたいな例をよく見るようになった気がします。

もちろん,あくまで外から見ただけですので,私の思い込みかもしれません。

ただ,本人が第三者に紛争を言いふらすとか,あるいは,酷いものになると本人に直接接触するとか,そういうケースに遭遇することがあります。

そのようなことをしないように,弁護士としてはちゃんと依頼者に説明するべきなのですが,どうやら,うまくコミュニケーションがとれていないこともあるようです。

こういうケースでは,その弁護士は,派手な広告をしていて「○○に強い弁護士」と標榜というか,連呼しています。

事件処理の実力はある(!?)のかもしれませんが,できれば依頼者とのコミュニケーション,「説明に強い」弁護士にもなってもらえれば,と思うことがあったりします。

また,あまり派手な広告で受任すると,依頼者の期待値が高まってしまい,なかなか納得を得られない,ということもあるのかもしれません。

特に,慰謝料とか,明確な基準がないもの,最近は否定する裁判例が相次いでいる相手方に請求できる弁護士費用の実費とか,トラブルになることが多そうです。実際に,おそらくは依頼者と弁護士がけんかを始めたのではないか,とおぼしきケースに遭遇したことも何度かあります。

利用者からすれば,こういうトラブルに巻き込まれないよう,弁護士からは,極力,自分に不利な話も聞くようにするべきかと思います。ただ,もとよりそれは弁護士が第一に責任を負担することです。また,派手な広告を出していると,広告費を回収するためにどうしても受任したいということで,不利なことは話したがらない弁護士もいるのかもしれません(もしそういうことがあれば,非常に遺憾なことですが。)。

提出前に書面を依頼者に見せるかどうか、という問題ですが、私は、事務的なもの、簡単なもの、緊急性があるもの、という事情がない限り見せています。

そもそも、法的紛争で一番大事なのは事実です。そして、その事実について最も詳しい人は本人です。最も詳しい人に確認せずして、正確で、説得力のある書面はできません。

また、依頼者にも読んで意味が通る文書でなければ、当然、裁判所にも意味が通りません。
さらに、依頼者に書面の確認を通じて、事実認識を再整理することで、記憶が整理、定着します。
これは、尋問をはじめとする今後の訴訟活動において、極めて有利になる材料です。

事実、こういう理由づけをするまでもなく、通常は、書面の確認を依頼者にすることがほとんどだと思います。

弁護士には定期的な倫理研修の受講が義務づけられており,その研修講師を担当しました。
担当したものは,次の通りです。

1.非弁提携規制について 2回
2.弁護士広告規制について 2回
3.倫理研修会の司会 2回
4.事例問題の討論会 1回

結構盛りだくさんで疲れました(・∀・;)

事例問題については,守秘義務の範囲,特に依頼者以外の人の秘密の範囲については,いろいろ活発な議論が行われました。このあたり,今の弁護士職務基本規程の改正問題でも話題になっているところですね(^ω^)

また,弁護士広告規制について,最近は,これで懲戒処分も出ているところ,最近の傾向も踏まえて,お話をさせていただきました(・∀・)

(・∀・)ということで,弁護士のプロフェッションとしての倫理を維持するためには倫理研修は重要です!
(^ω^)そうかお。なら,問題になっている横領についても・・・。
(;・∀・)どうやって研修するんだよ・・・。それ・・・。
(;^ω^)「他人のお金に手を出しちゃだめです」とか,どうかお?
(;;・∀・)いや,それ,悲しくならないか・・・。

↑このページのトップヘ