弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは, i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

カテゴリ: 著作・講演・出演等

FullSizeRender

ひたすら地面師の手口と裁判例を紹介しつつ、司法書士の責任はいわゆる専門家責任の中でも特殊(そして重い。)という点にも言及しました。
その上で、裁判例では、傾向として、どういうミスがあれば責任を認めやすいのか、逆に、どういうところまでは責任を認定しないのか、そういうあたりについても解説をしました。
あの有名な免許証偽造事件も紹介しましたが、ほか、面白い例として司法書士は責任なし、登記官だけの責任を認めた事例、証明書の偽造透かしを見破るべきだったと判断された事例なども紹介しています。
会場は満員で、この問題に関する関心の高さがうかがわれました。
なお、下は、講演後の懇親会の様子です(・∀・)

FullSizeRender



電子書籍のスクショは合法? 実際に逮捕されるの? 弁護士が解説する「違法ダウンロードの対象拡大」

AbemaPrimeで、漫画家・実業家の赤松健先生と出演させていただきました。

AbemaTVには、何度か出演させていただいているのですが、インターネットの反応を見ながらトークしたり、社会問題に深く切り込んだりする、非常に楽しいメディアです。
今回も、赤松先生がインターネットで集めた質問に答えていく方式で、解説させていただきました。
なお、ネットでしばらく見られますので、そちらも是非どうぞ(・∀・)

弁護士業に関連する弁護士や関連企業の役員等が登壇して、それぞれの分野について解説を行う「Professional Lawyers Japan 2019」に登壇させていただきます。
テーマは、他業種との連携と非弁提携、広告規制についてです。
75分の枠内、配布資料で、非弁提携と広告規制の基本から、重要ポイント、最近の傾向や頻出の違反例などをまとめて理解できるように構成しています。

現在チケット販売中ですが、早くも残席が少なくなって来たとのことですので、ぜひ、お早めにお申し込みください。
(・∀・)

ビジネス法務2月号  具体的ケースで検討する 企業活動における非弁行為の該当性ビジネス法務2月号  具体的ケースで検討する 企業活動における非弁行為の該当性
企業法務担当者向けの雑誌です。
いま流行の退職代行についても取り上げております。
また、従業員が業務遂行上、(使用者責任で解決できる加害者ではなくて)被害者になってしまった場合の会社との関わり方など、意外と頻出のテーマについても、検討を加えています。
ぜひ、ご覧ください。 

インターネットでは頻出の話題、論点ですが、引用と著作権の問題について、解説しました。

こちらのリンクからどうぞ
 

↑このページのトップヘ