要するに,「クレーマー一人を納得させるコストで5人10人の顧客を感動させることが出来る。 だから,クレーマーはできる限り早くに切るに限る」ということです。
クレーマー事案って,扱ってきた経験上,完全に「民事介入暴力の素人版」だと思っています。