非常に勉強になる資料です。
やはり法科大学院と受験資格は切り離し、かつ、法科大学院に自由な教育の裁量を与えるべきではないでしょうか。
そうすれば、合格率とか、赤字とかに苦しまず、法曹・法学教育に専念できると思います。