弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは, i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

2019年09月

Twitterをやっていたら,弁護士の間で,タイトルみたいな話が話題になっていました。

刑事弁護における示談交渉,あるいはそれに限らず,こちら側が請求を受けている側の代理交渉で,相手方が弁護士をつけない本人交渉だと,よく出てきます。
客観的に金額が決まる貸金とかであればいいのですが,慰謝料など客観性が低いこともありうる金銭ですと,特に問題になります。

日本の不法行為法,立証責任が被害者にあるということ,慰謝料の相場などの考え方からすると,基本的にそういうわけにはいきません。そういう慰謝料請求ができれば,実務上は非常に助かるのですが・・・。 

こういう話に限って,その太鼓判を押した弁護士は絶対に受任しません。

こういう話が出てくるのは,概ね,次のような原因があると思われます。
  1. そもそも相談者が全ての事情を話していない。
  2. 弁護士の意見のうち,自分に都合のよい部分だけを(無意識に)つまみ食いしている。
  3. 弁護士が,相談者に喜んでもらおうとして,高い金額をいった。
  4. そもそもその相談した弁護士が非実在弁護士であった。 

執筆債務と法クラではいわれていますけれども。
単著だけで3冊あります・・・。
今のペースならなんとか締め切りに間に合いますが・・・。
ということで、少しブログが低調だったらすいません。扱ってほしいテーマとかあれば、優先してブログに書くかもしれません。
(・∀・)ノシ 

取り調べの弁護士立ち会いや録音録画の実施については,捜査機関側からいろいろと反論があります。
その最たるものが,取り調べを受ける者との信頼関係が構築しにくい,というものです。

そんな信頼関係が成立するわけないとは思うのですが・・。

ただ,そんなに信頼関係が必要であれば,それはお互いがお互いに信頼する必要があります。

ですから,信頼している被疑者の話を疑って自分の望む供述が得られるように「努力」したりはするべきではない,ということになるでしょう。

信頼をしているのですから,身体拘束なんてもってのほかです。信頼をして,釈放をしてあげるべきでしょう。
まずは,そういうところから,信頼関係を築いてはどうか,と思ってしまいます。

(;・∀・)まあ,圧倒的な強弱関係,閉鎖空間における信頼って,強者側の幻想に過ぎないですよね。
(;^ω^)だお・・・。 

頼りがいのある司法を築く日弁連の会の事務所開きに出てきました(・∀・)
公式ページで写真がアップされると思いますので,写真は載せませんでしたが,結構盛り上がりました。

なお,公式ページはこちらです。 


興味深いトピックだと思います。 

↑このページのトップヘ