提出前に書面を依頼者に見せるかどうか、という問題ですが、私は、事務的なもの、簡単なもの、緊急性があるもの、という事情がない限り見せています。

そもそも、法的紛争で一番大事なのは事実です。そして、その事実について最も詳しい人は本人です。最も詳しい人に確認せずして、正確で、説得力のある書面はできません。

また、依頼者にも読んで意味が通る文書でなければ、当然、裁判所にも意味が通りません。
さらに、依頼者に書面の確認を通じて、事実認識を再整理することで、記憶が整理、定着します。
これは、尋問をはじめとする今後の訴訟活動において、極めて有利になる材料です。

事実、こういう理由づけをするまでもなく、通常は、書面の確認を依頼者にすることがほとんどだと思います。