弁護士をやっていると,「あいつは,こんなに悪い奴だ。だから,悪い事情を主張して欲しい。」というような希望をよくうけます。

この根底には,悪い奴だと裁判所に理解して欲しい,だから,こんな悪い奴を勝たせて欲しくない,あるいは,その人への憎悪などの感情が背後にあるのではないかと思います。

ですが,このような主張は,よく考える必要があります。

裁判では,基本的に,請求を基礎付ける事実の有無が争われます

たとえば,100万円を貸したから返せ,というような裁判で,借主の相手方がいくら悪人であると主張しても,基本はかわりがないからです。

どんな善人でも借りた100万円は返さないといけません。逆にどんな悪人でも,借りてもいない100万円を返さないといけない,ということはありません。

もちろん,悪性を主張することが必要なケースもあります。

ただ,相手の悪性の主張ばかりをしていると,法律上の正当な理由はないが,怨恨で裁判をしているだけではないか,肝心の争点について証拠がないので,悪性の主張でお茶を濁しているのではないか,ということで,逆に不利になるケースの方が多いでしょう。

気持ちとしては理解できますが,このあたりは注意が必要です。
気をつけないと,弁護士の労力を意味のないどころかマイナスの行為に使わせて,肝心の部分が不十分ということになりかねません