依頼者の言い分を有利不利問わずにそのまま流す、あるいは、とりあえず手っ取り早く依頼者の歓心を買うために、やたら攻撃的だったり恫喝的な主張をする弁護士のことを、伝声管弁護士とか拡声器弁護士とかいうそうです。

確かに、依頼者の理解を得る方法、距離の取り方というのは、非常に難しいのですが、プロとしてここはちゃんと適切にしなければなりません。
それができないと、たまにこういうことがあったりします。

ここまでくると、しょっちゅうあることでは無いです。ですが、刑事弁護の経験がほとんどないか、乏しくて、かつベテランになればなるほど、こういう傾向が出てきたりする印象です。
感情むき出し型、品位喪失型の書面を出したりするのは、比較的若い弁護士が多いのですが、被害者支援ですと、ひょっとしたら逆の傾向があるのは、なかなか興味深いです。