「そんなに非弁が問題であるというのであれば、弁護士もおなじことをすればいいのではないか?」
という議論があります。概ねもっともな議論であり、賛同したい意見ではあります。

しかしながら、この議論、重要な観点が抜けています。
私たち弁護士は、広告の仕方から事件の受任、処理について、法曹倫理(弁護士倫理)に基づくことが要求されます。

しかし、非弁業者にはそれがありません。私たち弁護士が非弁業者と同じことをすることはできないか、不適切になる場合も数多くあります。

弁護士であれば、絶対に勝てます、とか、思い通りになるとか、安易に請け負うことはできません。
弁護士は、裁判で代理をし、事件に最後まで向き合う仕事です。最後までみているからこそ、目論見通りに事件を解決することの困難さを理解しています。

ところが非弁業者は、裁判外の、ごく一部の代理とか代行だけしかしません。最後まで事件に向き合いません。もっといえば、最後まで責任を取ることも、その覚悟もありません

ですから、非弁業者の無責任で甘い言葉に騙されてしまう、だからこそ、被害がなくならないのではないか、と思っています。