インターネット上には,様々な有益な情報が掲載されており,法律に関する情報もまた,例外ではありません。
しかし,弁護士としてネットで法律情報を集めてきた,という方の相談を受ける中で,一見便利に見える一方,実は,非常にリスクのある行為であると思うようになりました。
なお,過去にもこういうコメントをしたことがあります。

まとめ
①インターネットの法律情報は不正確なものも多い
②仮に情報が正確であっても,正確に適用できないと意味がなく,それは難しい
③必然的に,間違った情報だけをかき集めてしまう構造になっている

1.インターネット上の法律情報の正確性

インターネット上の法律情報は,全部が全部,間違っているとはいいませんが,不正確なものも多々あります。
これには,やむを得ない理由があります。法律というのは,事案によりますが,大部分が何らかの紛争の解決指針であったりします。つまり,紛争の時,どちらが正しいか,ということを決めているルールだ,という側面があります。

そういうわけで,紛争の当事者が,「正しい自分」に都合のよい解釈,理論を述べているだけ,ということも珍しくありません。

2.情報が正確であるということと,それを正確に使えることとは別の問題
法律情報というのは,それだけでは,通常はほとんど役に立ちません。
法律というのは,事実に適用して初めて法律効果が発生することが原則です。となると,正しく事実を把握すること,把握した事実と証拠により証明可能な事実の差異を把握するなどの作業が必要です。

いくら法律情報が正しくても,自分のケースに正確に当てはめなければ意味がありません。
薬が100%正しく製造されていても,自分の病気に当てはまる薬を,正しい用法用量で使わないと意味が無い,かえって危険であることと,同じことです。

3.インターネットで自分に都合のよい法律情報を漁る旅に・・・
以上で紹介した記事でもお話ししましたが,「自分は正しい」→「法律は正しい者の味方」→「だから正しいと信じている自分に味方する法律情報だけが正しい」という構造があります。

こういった状態に陥ると,誤った対応で事態が悪化する,本来の正当な権利を実現できない,負担するべきでもない義務を負担する,ということになりかねません。更に思いこみを深めてしまうと,適切なアドバイスを受け入れて行動することも難しくなってしまいます。

インターネットを利用した情報収集を否定するわけではありませんし,しばしば有益ではありますが,ご自身の問題,特に紛争については,法律デマの迷路に嵌まる前に,早めに弁護士に相談すべきだと思います。