第二東京弁護士会の倫理研修の講師をしてきました。担当は,非弁提携問題と弁護士広告でした。

弁護士には,弁護士自治という制度があります。かなり大雑把にいうと,弁護士は,業務について国の監督を受けない,監督をするのは弁護士の集まりである弁護士会である,というものです。

弁護士は,利用者との情報格差が大きい,重要な権利や財産に関与する,紛争や司法権の行使に関与する,影響を与えるということで,職務上,高度の倫理が求められます。

それを担保するために,弁護士には,倫理研修の受講が義務づけられています。

もっとも,倫理研修の在り方については,実効性の観点からもいろいろな議論があります。
(そのうち,論考を掲載したいと思っています)