弁護士 深澤諭史のブログ

弁護士 深澤諭史(第二東京弁護士会 所属)のブログです。 相談等の問い合わせは,氏名住所を明記の上 i@atlaw.jp もしくは 03-6435-9560 までお願いします。 Twitterのまとめや,友人知人の寄稿なども掲載する予定です。

ときどき,「自分でやってみる。それでダメだったら,弁護士に頼む。」という方がいらっしゃいます。
実は,事件類型によっては,それが有効であることも,全くないわけではない(珍しいけれども)のですが,基本的にお勧めできません。

通常,途中から依頼しても最初から依頼しても,弁護士に支払う費用は変わらないことがほとんどです。弁護士としては,「途中まで自分でやってみた」事情についても把握,検討しないといけないので,費やす労力が増えることはあっても,減ることはあまりないからです。特に本人訴訟ですと,かなりの割合で,自分に不利な主張をするという,いわばオウンゴールのケースがよく見られます。

また,逆に,費用が増える,あるいは結果が悪くなる,ということはしばしばあります。例えるなら,初期のガンが見つかったにもかかわらず,効果の無い民間療法だけを利用し,進行・転移をしてから病院にかかるようなものでしょうか。病気も法律問題も早期発見と治療が,そして,何よりも予防が大事です

相談だけであれば,あまり費用もかからないでしょうから,まずは相談してみること,「やってみてダメだったら」という発想は危険であるということに,留意は必要でしょう。

恐ろしい暑さなのですが・・・。
相談者/依頼者に,事務所までわざわざ来て頂くのが申し訳ないので,極力,電話等で済ませることにします・・・。
期日ももう少し,電話会議とか活用して欲しいですね。
平成の司法改革では,こういう足回りから強化して欲しかったです。

専門家向けとしては,こういう書籍を出していますので,よろしければ,参考にして下さい。

これって非弁提携?弁護士のための非弁対策Q&A
http://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/103074.html

法律事務の範囲,いわゆる事件性(?)の要件の問題,他士業との業際問題,弁護士会の負担金問題などなど,実務上,よく問題になる,あるいは疑問を抱く論点は,概ね網羅しているかと思います。

↑このページのトップヘ